2007年05月18日

贅沢な3段破風

 昔は住宅を新築すると、破風板は無垢のまま剥き出しで、その上に塗装していました。この仕上げですと、板が反り返って割れてしまうので、こまめに塗装しなければなりません。(和風住宅を建築すると、工務店によっては従来の考え方で、今でも塗装して仕上げているところもあります。)大手ハウスメーカーですと、窯業で出来ている既製品のものが多いです。イッシンハウスの場合、多くの工務店さんと同じように板金で、無垢の板を覆っているのですが、ここがポイントexclamation×2この破風が3段で仕上がります。見た目も豪華に見えてうれしいのですが、板金屋泣かせの仕事です。もうやだ〜(悲しい顔)あの頃は、お互いに忙しくて、お茶って声を掛けても絶対に足場から降りて来なかったですよね。あせあせ(飛び散る汗)設備屋の赤羽君とは大違いexclamation&question(冗談だよわーい(嬉しい顔)北さん、いつもありがとうわーい(嬉しい顔)こんなに良いメンバーに囲まれて、本当に感謝、感謝です
 
posted by isshin-house at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4037369

この記事へのトラックバック